転職回数、少ない人が優秀ですか?

転職ってマイナスなのか

企業の皆様と採用について話をするときに、

「転職回数が多い人からの応募はあるけど、良い人から応募が来ない」
「転職回数が多い人は書類選考で落としている」

など聞くことがあります。

はたして、転職回数が多い人はダメで転職回数が少ない人が優秀なのでしょうか。

転職を繰り返すってイメージは確かに良くない

1社に10年勤めている人と聞くと、
・忍耐力(継続力)がありそう
・その業界に精通していそう
・人間関係を良好に保てるコミュ力がありそう

といったようなイメージがあります。

逆に、転職回数の多い人は
・すぐに辞めそう
・人間関係の構築ができなさそう
・自我が強そう

なんてイメージを持たれたりしますね。

例えば、このAさんとBさんの職務経歴を見てみましょう。

【Aさん】10年間1社に所属し、1社員として自分に与えられた業務を行ってきた人(役職なし)
【Bさん】10年間で3回転職しているが、2社目の企業で新商品の開発や3社目では新人の教育に携わってきた人(役職あり)

あなたはどちらの人に会ってみたいですか?
私の周りでは、Aさんが対象外というわけではないが、より興味をひかれたのはBさんという方が多かったです。募集中の職種にもよるかと思いますが、Bさんの方が自社に良い風を吹かせてくれるかもしれない、と期待できそうです。
10年勤めても業界に精通しているわけではなく、ものすごく狭い範囲の知見しかない人もいますし、転職を繰り返す中で確実にスキルアップしている人もいます。

転職経験の多い人を採用するメリット

技術や待遇の向上を目的に転職を繰り返すことを「job-hopping」と言うことから、転職を繰り返す人をジョブホッパーと呼んでいます。
ジョブホッパーの中には、ネガティブな理由で転職を繰り返している人もいますが、キャリアアップのためであったり、自分の好きな生き方をするために会社に貢献しながらも転職を繰り返している人もいるのです。
そういった人を採用するメリットは以下の通りです。

■新しいことを短期間のうちに習得するスキルをすでに身につけている。
転職しながらも結果を出している人は、仕事の進め方や会社の特徴をキャッチする力に長けています。
早く理解できるから、早く自分らしく働く術を編み出せるので、長い時間をかけて研修する必要がありません。

■考え方や働き方などが異なる多くの人たちと一緒に働いてきた経験がある。
会社という組織は、よっぽどダイバーシティ化を目指している会社でない限り思考が似ている人が集まっています。
また、仕事をする中で自然と似たような考え方になっていきます。たくさんの会社を経験しているということは、同じ考え方だけでなく、様々な人達と触れてきた経験があるということです。自社にない考え方や発想が手に入るかもしれません。

■新しい事を恐れず、決断力がある
職場を変えるということは、人間関係を築く・仕事を覚える・通勤方法などルーティンが変わる、などなど新しいことだらけです。新しい事を始めることに躊躇する人は、まず転職をしません。面倒なことが待っているけれど、次の行動に移した方がいいと思えたら決断できるだけの決断力があります。仕事においてコストも時間もかけたから…と様子を見るようなことはなく、ダメかもしれないと思ったら、すぐに対応する所もメリットになりえるでしょう。

まとめ

転職回数が多い=採用不可

と決めつけてしまうと、自社にとって良い人材を見逃してしまうことがあります。
履歴書の転職回数だけで判断するのではなく、職務経歴書に目を通し、気になったら是非会ってみてください。
転職を繰り返す理由を聞き、納得できる理由であれば採用を躊躇する必要はないと思います。

自社にとって良い人とはどんな人か、何で判断したらいいのか迷ったら、是非D-rectにご相談くださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
 

新卒採用をはじめるならディーレクトにご相談ください

新卒採用に踏み出せない人事担当者の方、 そのお悩み、ディーレクトが解決します!