【今週のオススメ本】凝り固まった頭をゆるゆるにできる一冊

今年度も、もうすぐ終わり。
4月になれば、新入社員がやってきて社内の雰囲気が変わりそうですね。新年度から部署や役職が変わるなど、ご自身に変化のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
新しいことって、楽しみだけど不安も多い。
そんなあなたにピッタリの一冊はこちら

 

蛭子能収のゆるゆる人生相談

(著:蛭子能収)

 

漫画家の蛭子さんが、読者から仕事について、愛について、家族についての相談に対して真摯に本音で答えています。
真摯と言っても、蛭子さんです。

仕事で輝くのではなく、競艇場で輝くべし

結婚は気軽に、ギャンブル感覚で

など、タイトルだけではトンデモな迷言が炸裂しています。しかし、回答をしっかり読むと、6割くらいは意外としっかりとしたことを言っています。
ともあれ、斜め上からの回答は悩みや不安で凝り固まった頭をゆるゆるにしてくれること間違いなしです。むしろ悩んでることがバカバカしくなるかもしれません。

私は蛭子さんの著書を読むと、ダイバーシティ(多様性)を考えずにはいられません。色んな考え方があり、色んな幸せのかたちがあります。昔からそうだったはずですが、情報社会の今はさらに多種多様になってきているのではないでしょうか。

大事なことは、違う考え方を排除するのではなく、認めること。様々な思考の人がいることで、組織は強くなります。

自分で気付かないことを気付かせてくれる存在は、自分に似た思考の人ではなく、違う思考の人です。

仕事でも、成果や方向性は意識を同じにする必要があるかと思いますが、上司と同じ考え方にする必要はないと思います。

上司の視点と自身の視点を掛け合わせれば、より強い組織やサービスをつくりだせるはずです。

上司の皆さんも「最近の若いやつは…」と敬遠するのではなく、興味を持って自分から近付くと、若手の考え方にビジネスのヒントが見出だせるかもしれませんよ。

と、少し堅苦しい話をしてしまいましたが、頭ゆるゆるになる本、是非読んでみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
 

新卒採用をはじめるならディーレクトにご相談ください

新卒採用に踏み出せない人事担当者の方、 そのお悩み、ディーレクトが解決します!