【小松山和良 大きめの独り言】うまい飯の条件

寒すぎて震える

最近ちょくちょく
「コラム読んでるよ〜」
って声かけてもらえることが増えて、
嬉しさ半分、プレッシャー半分という感じです。

こんなしょうもないコラムをいつも読んでくださり誠にありがとうございます。

南国と言われる宮崎であってもさすがにこの時期は寒いですね。
寒すぎて、本能的に脂肪を蓄えてしまいます。

この時期ってまぁまぁうちの業界は忙しい時期で、
採用とか育成とかどの企業も大変そうです。

もれなくうちの会社も忙しくなってきてるわけです。

 

そんな中、コラムを更新するということは不器用な私には容易なことではございません。
※そうです。これは今回のコラムでこれから起こることへの言い訳です。

でも、ここまできたらやめるわけにはいかんのです。

本日はグルメコラム!?

採用とか人事のことに絡めたコラムをこれまで続けてきましたが、
少し脳みそをリフレッシュしたいので
全く別のことを今日はテーマにします。

うまい飯の作り方です。

と言ってもレシピをつらつらと書いてもしょうもないので、
「うまい飯の条件」みたいなものを私なりの見解で書ければと思います。

うまい飯には3つの共通項があると考えています。

・セールスポイントがある

・引き算の美学

・味覚以外の感覚に刺さるものがある

自分が料理をするときもそうですし、外食をするときもそうです。
この3つが揃ってるものが「うまい飯」な気がします。

セールスポイントがある

「俺の麻婆豆腐」友人からリクエストされる料理No.2。山椒がっつり、汗だらだら。

セールスポイント

ウリ

その料理で何を一番伝えたいのか。

素材の味なのか、組み合わせによるマリアージュなのか、

はたまた見た目や食感なのか

作り手がその料理で伝えたいことがあるのかどうか。
そこがあって、しかも相手に伝わることが重要だし、
伝わった上で、受け手の感性に呼応するものであることが必須。

たまに出会う、これ何がしたかったんだろうって料理。

作った人からすれば、これがウリってのがあるのかもしれないですが、
伝わらなければ意味なし。

結局、セールスポイントがあり、それが伝わり、魅力となるものである。

これが1つ目の条件。

引き算の美学

「俺のタコ焼き」ダシが効いていて、ソースなんていらない。タコ焼きの常識を覆す一品。

これはごちゃごちゃしていないってこと。
色んな要素、色んな味を増やせば増やすほどぼやけていきます。

炊きたての御飯に、新鮮な卵、ダシの効いた醤油。

ね?

想像しただけでうまい。

旬の野菜、揚げたての天麩羅、塩。

うまいわ〜。

でも、シンプルなものがうまいって言うこととは少し違う気がしていて、
大事なことは無駄がないってこと。

無駄がないから伝えたいこと、魅力がまっすぐに届く。

カレーの隠し味って入れすぎると美味くない。
私の引き算の美学で言えば、入れても1つから2つ。
何を減らすのか、引き算するのかってことがテクニックだと思います。

何かを増やしたい、加えたい。

その時に、代わりに何を抜くか考えると美味しい料理になる気がします。

味覚以外の感覚に刺さるものがある

「全部手作り醤油ラーメン」スープは”とねどり”の鶏ガラを10時間煮込んで。全部、全部、俺好み。

味覚以外の感覚。
例えば、視覚、聴覚、嗅覚、触覚。

めちゃイケでやってた目隠しして鼻栓して料理を食べ、
なんの料理かあてるやつ。

あれめっちゃ難しい。

結局、料理で体を使って食べてるってことを再認識する。

写真だけで美味そうって感じること
匂いだけで美味そうって感じること
ジュージューとかサクって音だけで美味しそうって感じること

ありますよね。

そこに、いいお味が加われば「うまい飯」確定じゃないですか。

 

あれ?これって?

イカ大根・中華風刺身サラダ・和牛のタリアータ 俺が掴んだ胃袋は数知れず…。

まぁ、私は料理人でも何でもないので、ほんとにただの独り言なんです。
でも、これって料理以外でも当てはまることだと思うんです。

セールスポイントがあって、無駄がなく、多角的な満足度を与える。

そんなものが「いいもの」って気がします。

採用でもそうですし、ビジネスでもそうですし、育成でもそう。
もっと言えば、人間付き合いでもそう。

もし、このコラムを読んだ料理人の方がいらっしゃったら本当にすみません。
料理好きの素人として、料理の道を極めるプロの皆様を心から尊敬しております。

なのでこんな生意気な発言に
「なんも知らんくせに偉そうに!」
と思わず
「まだまだ青いの〜」と寛容な姿勢でご指導いただけますと幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
 

新卒採用をはじめるならディーレクトにご相談ください

新卒採用に踏み出せない人事担当者の方、 そのお悩み、ディーレクトが解決します!