【今週のオススメ本】採用担当者だから知っておきたい企業情報

新卒の採用活動が始まった今読みたい本。
今週のオススメ本はどストレートにこちら

「就活四季報 2018版」

(東洋経済新報社 編集)

就職活動をする時に、先輩達や就職課の方から読んでおいた方良いと一度は進められる四季報。今採用を担当されている方も、就職活動時には読んだことがあるのではないでしょうか。
1983年に発刊された四季報。「入社3年後離職率」「有休消化平均」「平均年収」など就活生が気になるけれどなかなか説明会では聞けない情報が載っているため、昨年の発行部数は50,000部と発行から30年たった今でも就活生に読まれている本です。
そんな就活四季報も時代に合わせて変化しており、今は総合版以外にも

「就活四季報 女子版」

「就活四季報 優良・中堅企業版」

を加えた3種類が出ています。
女子版では”産休・育休の期間・給与と取得人数””女性の既婚・有子者数””くるみん・えるぼし認定状況””女性のキャリア例/女性の役職者数”
など、女性がキャリアを築く上で気になる情報が掲載されています。
優良・中堅企業版では、有名な企業じゃなくて有望な企業に行きたい。地元の中小企業の実態が知りたいという声を受けて、中小企業を中心に地域別有力企業2850社が掲載されるなど、
四季報に載るのは大企業だけではなくなってきています。

ワークライフバランスを気にするのは女性だけでなく、今は女子版を男子学生が買っていくことも多いようです。
時代によって価値観は変わっていきます。今の学生がどんな情報を得ているのか、企業を選ぶポイントは何なのか知ることは自社の採用活動にとって非常に役に立ちます。
また、自分たちにとっては当たり前で特にアピールすることではないと思っていたものが、実は強みだったということはよくあります。
1つの会社にいるとなかなか見えてきませんが、他社の情報を見て自社に当てはめてみると見えてきやすくなります。
ぜひ一度手にとって見てください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
 

新卒採用をはじめるならディーレクトにご相談ください

新卒採用に踏み出せない人事担当者の方、 そのお悩み、ディーレクトが解決します!