【知っておきたいビジネス用語】メーデーってなあに?

5月になりました。

今日、5月1日はメーデーです。 毎年この時期になると、各地で労働組合や連合の集会が行われたというニュースが流れてきますね。しかし、メーデーとはなんぞや?という方もいらっしゃるのではないでしょうか。ビジネス用語、ではないですが労働者として知っておきたいメーデーの事。今日は解説したいと思います。

メーデーとは労働者の日

メーデーとは国際的な「労働者の日」です。
もともとは「5月祭」というヨーロッパで古くから行われていたお祭りで、労働者と使用者がその日は休戦し春の訪れをみんなで祝うという日だったそうです。そのため、ヨーロッパの多くの国では5月1日は祝日になっています。労働者と使用者が休戦する日を決めるくらい争っていた時代だったのでしょうね。
今のようなメーデーになったのは、1886年が発端です。
シカゴの労働者が、12時間労働14時間労働が当たり前になっていた状況を変えたいと「8時間労働制」を求めてストライキを行いました。このストライキは2年前から準備を始めており、1万5000社の労働者、35万人がストライキをおこなうという大規模なものだったそうです。
当時のスローガンは「第1の8時間は仕事のために、第2の8時間は休息のために、そして残りの8時間は、おれたちの好きなことのために」でした。
この日だけでは8時間労働は実現せずその後も5月1日にはストライキが起こり、それが世界の労働組合に波及し、1890年には第1回の国際メーデーが実施されました。

 日本でのメーデー

アメリカでは労働者の権利を訴える日だったのに、日本ではメーデーというと「社会主義」というイメージが強い、そんな時代がありました。それは日本でのメーデーは政治団体が主体となって労働組合に声をかけて人を集めたからだと言われています。
あまりに社会主義色が強かったため、1936年にはメーデー開催が禁止されました。1946年第二次世界大戦が終わったあとメーデーは復活しましたが、全国統一のメーデーは1989年を最後に行われていません。
労働組合がある企業が減少したことによる組合員の減少が原因にあげられています。筆者も組合がある企業にいたことがなく、その役割など今回調べて初めて知りました。
組合自体がよくわからない人が増えているので、メーデーの役割がよくわからない人が増えているのは当たり前なのかもしれません。

 時代とともに役割が変わってきた

アメリカでは、2006年のメーデーで不法移民の取締強化に抗議すべく、110万人を超える人が参加し一斉に職場や学校を放棄する「移民のいない1日」を実現させました。
今年は移民労働者、人種差別、LGBT、女性労働者など差別反対を掲げ2006年と同じような大規模なデモが計画されているようです。SNSでも「#May1Strike」などのハッシュタグが合言葉として飛び交っています。
時代が変われば労働者を取り巻く環境も変わります。メーデーに注目することで、世界的な労働者に関する課題について知ることができるはずです。

メーデーについて、少し理解していただけたでしょうか?
世界的な労働者の日、ニュースなど注目してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
 

新卒採用をはじめるならディーレクトにご相談ください

新卒採用に踏み出せない人事担当者の方、 そのお悩み、ディーレクトが解決します!